現代では賃貸マンションを住居として選択する人が多い

男の人

手数料を知る

部屋

手数料とはなにか

賃貸不動産を利用するときには家賃や保証金の他に仲介手数料を払うことになります。仲介手数料は不動産に支払う報酬のようなもので、簡単に言うと物件の紹介料といえばわかりやすいです。基本的に成功報酬という扱いになっているため、売買や賃貸の取引がしっかりと成立した時に支払うものになります。その為、物件の紹介などに時に支払うものではないので勘違いしないようにするといいでしょう。仲介手数料については法律で上限が定められているのです。その上限を超えない範囲で請求されるのですが、これは一般的に賃貸であれば1ヶ月分の賃料が基本になります。また不動産によっては仲介手数料無料というところもあります。仲介手数料無料は、文字通り仲介手数料を支払わなくていいのでかなりお得です。

場合によって違う

仲介手数料は仲介手数料無料などのところもあります。しかし仲介手数料無料以外ではどのような内容になるのか知っておきましょう。例えば売買というものがあるのですが、この場合は売買価格によって手数料が変わります。200万円以下であれば5.4%以内の額で、200万円から400万円までなら4.32%以内の額になるのです。さらに400万円以上であれば3.24%以内の金額を支払います。賃貸の場合については先程家賃の1ヶ月分という金額と言いましたが、実際には家賃の1ヶ月分プラス消費税になるのです。依頼者の承諾を得ている場合を除くと、家賃の1ヶ月分の0.54倍相当の金額になっています。これらのことをしっかり理解しておきましょう。

Copyright© 2016 現代では賃貸マンションを住居として選択する人が多い All Rights Reserved.