現代では賃貸マンションを住居として選択する人が多い

男の人

仲介手数料が無料の理由

集合住宅

賃貸物件を借りるとき、初期費用として、敷金と礼金が家賃の1〜2ヶ月分程度かかることが多いです。それに加えて、不動産業者に支払う仲介手数料が、家賃の1ヶ月分かかることが多かったのですが、それが無料の物件が人気となっています。仲介手数料だけでなく、敷金や礼金も、昔よりも低く抑えられたり、無料になっていたり、借りやすくなっています。昔は、最初に入居するときに、家賃の半年分ぐらいは準備する必要があったので、それが無料となると、それでなくても出費のかさむ引越しの時期に、大いに助かるからです。賃貸物件も、いくぶん供給が過剰となっている面もあるので、貸し手側も不動産業者も、敷金・礼金・仲介手数料を無料にしても、借り手がついてくれる方を選択する傾向があります。

仲介手数料無料は、大きなサービスのように感じますが、実はそうではないのです。仲介手数料は、仲介する不動産業者が、貸し手と借り手の双方から、合計家賃の1ヶ月分以内で受け取ることになっています。つまり法律的には、上限が1ヶ月で、下限はないのです。しかし、昔は、貸し手と借り手の双方から1ヶ月分ずつ受け取ることも多かったようです。(貸し手からは、仲介手数料という名目ではなく、広告費などの別の名目にしているようです。)仮に、貸し手から1ヶ月分を受け取っていれば、借り手からは受け取ってはいけないのです。貸し手から1ヶ月分受け取っているから仲介手数料無料とか、企業努力で経費を削減し、お客にサービスというように、仲介手数料無料の理由がはっきりしていれば安心です。しかし、中には、不人気の物件を早く貸したいから仲介手数料無料にしている場合や、家賃そのものを高く設定していることもあるので、要注意です。

Copyright© 2016 現代では賃貸マンションを住居として選択する人が多い All Rights Reserved.